ニラの芽、ありがとうございます。

今朝、郵便局で用事を済ませて帰ってきたら玄関先に袋が置いてありました。

何だろうと開けてみたら、今朝採れたばかりのような新鮮なニラの芽でした。

氏子さんが持ってきてくださったのでしょうが、名前が書いてあるわけではないし、あっちこっち聞き回るわけにもいかないし・・・。

以前ジャガイモを貰った時にも書きましたが、まさに『 ごんぎつね 』を地で行くような生活です。

でも、何時も貰いっぱなしでお礼が言えず、何とも申し訳なく思っています。

ここを見ていらっしゃるかどうかわかりませんが、

 

本当にありがとうございます。

大切に調理をして、有り難くいただきます。

 

 

生かされて生きている

今朝、いつもの如く4時起きで境内に除草剤を撒いていたら

近所の方が

『神主さ~ん、ジャガイモいるけ~?』

と声をかけてくれました。

『 今朝掘ったんだけど、今年はたくさん採れてウチだけじゃ食べきれないから、良かったらもらっとこれ~ 』

私『 すいませ~ん。ありがたく頂きます~ 』

『 じゃあ、後で持ってぐかんね~ 』

ということで、思いがけず今朝掘りたての新じゃがをたくさん頂戴致しました。

 

農家の生まれだった母は、子供の頃から畑や田んぼの仕事を手伝っていたおかげで鍬の使い方も野菜作りも上手でした。

私も何回か鍬の使い方を母に教わってみたんですが、いくらやっても上達しませんでした。

その母が亡くなってから最初のうちは畑に野菜を作ったりしていましたが、なかなか管理が行き届かず、草むしりもままならず、しまいには畑に野菜が植えてあるのか草が植えてあるのかわからないような状態になってしまい、野菜作りもやめてしまいました。

そんな様子を見ていた近所の方々が、いつしか自分の畑で採れた野菜を持ってきてくれるようになりました。

白菜やネギ、レタスや大根・・・。そして自家製の味噌まで。

留守中に玄関先に置いていってくれた野菜を見て

『 ごんぎつねみたいだなあ 』

なんて思う事もあります。

 

『 人は生かされて生きている 』

感謝、感謝です。