100年物・・・?

今年も梅の実が立派に実ったので、梅酒を作ってみました。

今年の梅の実は数が少ない分一つ一つの実が大きくて立派なので、梅干しにすると良いかなあなんて考えていましたが、今まで漬けた梅干しの甕が物置にいくつもあるのを思い出し、これ以上作るとカミさんに呆れられそうなので梅酒にしてみました。

8L入りの容器でちょうど4本できました。

左から2本目の容器が少し黒っぽく見えるのは、使ったお酒がブランデーリキュールだからです。

お酒を買いに行った時に、いつも買うホワイトリカーの隣に置いてあったので、試しに買ってみました。

どんな味になるかは出来上がってみないとわかりませんが、さっき仕込み終わった梅酒を物置に持って行ったら、これまでに仕込んだ梅酒が何本か置いてありました。

実は私、あんまりお酒が好きではないので晩食という習慣もないんです。

たまに気が向いた時にちびちびやるくらいなので今日仕込んだブランデーの梅酒なんて、果たして生きてる間にたどり着けるのやら・・・。

じゃあなんで梅酒を作るんだ?

といわれそうですが、毎年梅干しを作っても物置が梅干しだらけになっちゃうし、梅干ししかできないのか?っていわれそうだし・・・。

そもそも梅干し自体の消費量が、我が家では非常に少ないし・・・。

かといって梅の木に見事な実がなっていると、ついもったいなくて採りたくなっちゃうし・・・。

まあ自分の中で梅のレパートリーが少ないというのが一番の致命傷なんですが。

以前、梅ジャムや梅シロップを作ってみた事もありますが、手間が大変なのと日持ちがしない。

そして何よりも我が家での需要がほとんどなかったという事もあって、簡単で長持ちする梅干しか梅酒のどちらかになってしまうんです。

梅干しとか梅酒なら何年たっても何十年たっても大丈夫だし。

そのうち私の子孫が、『 100年前の梅干し 』とか『 100年仕込んだ古酒 』とかいって、どっかで売り出したりして・・・。

 

早起きは三文の得って本当!

今朝は4時起きで、境内に除草剤を撒きました。

日が昇ってくると暑さで自分がまいっちゃうので、除草剤を撒く時はいつもこんな時間から始めるんです。

起きた時はまだ少し薄暗かったのですが、準備をしているうちに明るくなってきました。

18Lのタンクの重さに耐えながら7時頃までかかって何とか5杯、撒き終えました。

途中、生きてるタマムシを見つけてすごく得した気分になれました。

最初見た時はカナブンかと思いましたが、カナブンにしては体が大きいので

『 なんだ、カナブンじゃなくてカミキリムシか。それにしてもきれいなカミキリムシだなあ 』

って、タマムシだとわかるのに少し時間がかかりました。

何しろ今までタマムシは死骸でしか見た事がなく、生きて動いているタマムシを見るのはたぶん初めて。

自分の記憶が正しければ、生まれて初めての遭遇。

思わず捕まえたくなりましたが、ちゃんと飼育できずに殺しちゃうのが目に見えていたので写真だけ取らせてもらいました。

今日は早起きして、重いタンクを背負って頑張った甲斐がありました。

なんか良い事がありそうです。

でもタマムシには除草剤かかってないと思うんですけど、仮にかかっても殺虫剤じゃないから大丈夫ですよねえ。

もし除草剤が原因で死んじゃったら、良い事じゃなくて悪い事が起きちゃいそうなんですけど・・・。